新築マンションの購入にいたるまで

昨年、新築のマンションを購入しました。マイホームを購入するにあたって、

奥さんと色々と話し合い、優先したい事をお互いに言い合いました。

その結果、電車の駅から近い事、服の収納スペースが充実している事、部屋の壁面と建具の色合いが好みな事、洋室のみでフローリングである事(和室が好みではないため)、徒歩圏内にスーパーや銀行等がある事、リビングが南向きでベランダのスペースが広い事等の意見が出ました。

中でも、電車の駅から近い事が最優先事項であったため、一軒家ではなく、マンションに限定して約4ケ月間、週末にモデルルームを見に行きました。結果、中古ですが、該当する物件を見つける事ができ、中古マンションをフルリフォームしてから、家族ともども快適に暮らしております。

本題に入りますが、住宅を購入する上で住宅ローンも組みましたのでそちらについて私の体験したことをお話しさせていただきます。

結論、私は10年の固定金利(当時1%)を選択しました。

将来のオリンピック開催も視野にいれると、金利は今よりも上がるのではないかとも考えましたが、一旦、10年は金利の動向を伺いながら再度検討していけたらと思いこの選択をしました。

住宅ローンの金利だけ考えると、先日、政府がマイナス金利を発動しましたので今は私の時よりも、より良い選択ができるのではないかと思います。

正直、何がベストな選択かはわかりせんが、

これが私自身の体験談となります。